profile

profilephoto

カタテマノオトTOP
曲・動画
ガンダアラ紀行記
お問いあわせ






selected entries

categories

archives

旧カタテマノオト
BUCK NUMBER
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
2008年7月
2008年6月
2008年5月
2008年4月
2008年3月
2008年2月
2008年1月
2007年12月
2007年11月
2007年10月
2007年9月
2007年8月
2007年7月
2007年6月
2007年5月
2007年4月
2007年3月
2007年2月
2007年1月
2006年12月
2006年11月
2006年10月
2006年9月
2006年8月
2006年7月
2006年6月
2006年5月
2006年4月
2006年3月
2006年2月
2006年1月
2005年12月
2005年11月
2005年10月
2005年9月
2005年8月

最近のこと

自転車、クロスバイク?というなんか走りそうな自転車に最近ビュンビュンに乗っている。
ただ4、5回パンク。自分の走法は何かおかしいのだろうか。

 

引越し後、成城生活も慣れてきた

 

フルーというバンドの音源出来上がり。
バンドの子らには喜んで貰えたが、期日が短すぎて自分的には詰め込んで終わってしまった感じ。
もうちょっとジメジメやりたかったがしょうがない。

 

妖怪ウオッチというものを見始めてしまっている。こんなはずではなかった。

 

友達に言われ、再認識せざるを得なかったが、ノサダ(猫)はデブだ。

 

テニスの全豪オープン真っ只中。
今までこのオープンはテレビでなんか1試合も放映してくれなかったが、
錦織圭君の活躍だろう。8回戦から放映してくれている。ウヒー。
ズベレフという選手が良い。フェデラーは今も良すぎる。

 

このままいくと自分というペアレンツはモンスター化するのではないかと不安になっている。

 

誕生日を向かえ、汗の匂いが変になってきた。

 

最近の菓子=チョコフレーク
チョコフレークのチョコを舌でヌメヌメと剥ぎ取り、フレークだけにしてから咀嚼するという2段階スタイル。
しかし自分の中でそこまで執着している感じがなく、次の本気菓子への場つなぎ的な感じが否めない。

 

以上


2017年あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

 

とんと更新が頓挫しており、
日々のアホらしいことでも更新していかねばと思っているのですが、
なかなかに最近はまじめに生きており、
また我が子が面白くてしょうがなく、更新が滞っている次第です。
これを見てもらっている人にはまったくすいません。
そしてよくぞお越しくださいました。

 

そして最近ではフルーというバンドの曲を録音編集作業を任されており、
締め切りが大変で今てんてこ舞いになっています。
このバンドがガンガンにやる気で、今年はこの子らに沢山色々やらされそうです。

奇天烈なバンドで面白いですよ。

フルー (@nousagi_no_flue) | Twitter


あ、というかもうすぐ自分が昔生まれた日だ、うわ。


残念

こんなにうまいこと曲を作れる人を知らない。
こんなに自分好みの曲を作る日本人を知らない。
黒沢健一さんが死去。
残念。


磨耗磨耗の抑圧我慢人間

自分の家の小さい人間のことだが、現在2歳7ヶ月になったところ。


まえまではアーウーだったのが、
「grぁkじあhgらqqg」というような宇宙語を言うようになり、
「☆・dがsdがggkぅりお、バナナ。」とどこかに単語が入るようになり、
主語動詞、俗に言う2語言葉を話すようになり、
今ではなんとか会話が少し成立するようになった。

 

お腹は空いてますか?
「ごはん食べたいね〜。」
バナナおいしいですか?
「オイシイ!バナナ甘いね〜。」

 

うわ!これ会話!?

 

アホみたいな内容だが、なんたることか大感動である。
苦節2年半、やっとこの人の気分が、意思が分かるのである。

そして話すことは単純明快、喜怒哀楽が爆発的であり、

日々が、一瞬一瞬が彼女にすれば大変なドラマチックなことらしく、
毎分大発明をしているかのような驚き、絶叫を繰り返している。

 

小さい子というのはこういうものなのか、そうだよね、
と納得しようと思うのだが、周りにいる同じぐらいの人と比較しても
あまりに爆発的なので、これは病気ではないか、まずいのか、とも疑った。


しかし今では日々面白そうなのでよしとしている。

 

しかし人間の純粋な、そして抑圧されない感情というものは、
こんなにもか、とまたしても大感動をしてしまう。

それに比べて自分たるやなんと汚れきって、淀みきった、べちょべちょで
磨耗磨耗の磨り減った抑圧我慢人間なのだろう。
こんなこと言ったらおかしいかな、どうかな、と終始周りを気にしているのである。


今後は彼女を見習って「おにぎり、オイシイ!!」「あっ、キュウキュウシャ!」「くも怖いね〜!!」
と泣きながら絶叫していきたいと思う。

多分周りの大きいお友達が優しく接してきてくれるだろう。


タカモンGO

ポケモンゴーというものはやったことがないが、

自分が好きな鷹の爪団の「タカモンゴー」というものがあると聞き、

さっそくやってみた。

説明が始まった。いきなりいい感じだ

 

ふんふん

 

確かに。そうだね。

 

それはそれでつまらない気がするが大丈夫か。よしいこう。

 

まるパクリ感いいぞ。

 

よしわかった!自分はポケの方もやったことがないので「かんたん」でGOだ。

 

・・・

 

なんとかモン、てこういうことなのね

 

これはなにモンなんだ!

 

あれ違うの写真撮っちゃった。

サイモン&ガーファンクルか!全然似てないぞ!

 

うぬぬぬ・・・ちょっと無理がないか・・いやいこう!

 

うわーフェロモンって

 

10分でやめてしまった。


<< | 2/80PAGES | >>